リフォーム日記 -フレッシュハウスで自宅改装-

フレッシュハウスで我が家をリフォーム!完成までの記録

リフォーム日記 -フレッシュハウスで自宅改装-
HOME » 【あたふた日記】リフォームプラン決定までのこと » 耐震診断結果と着工前最後の打ち合わせ

耐震診断結果と着工前最後の打ち合わせ

耐震診断チェック結果の説明と、リフォーム着工前の最終打ち合わせのことを書いていきます。

 

今回は、耐震診断の結果の説明と、日程の確認です。

ただね...、先日選んだクロスの色柄を、やっぱり変更したくなってしまったので、もう一度、見本帳を持って来て欲しいと、電話でお願いしました。

ギリギリの変更だけど、日程は大丈夫かな?追加料金なんてことにならないよね?

最終打ち合わせで仕様変更をお願いしました

早速、リフォームプランナーさんに、クロスの色柄の変更をお願いしたら、「よく、そういうお客様いらっしゃいます。大丈夫ですよ。」と、気持ちよく引き受けてくれました。

よかった~!おかげで理想的な感じに仕上がりそう

日程変更も料金追加もないとのことで、こちらについても、よかった~!

あとは、仕様の詳細を1つずつ確認して、ついに我が家のリフォームプラン完成となりました。

フレッシュハウスの打ち合わせシート

耐震診断書が届きました

さて、本日のメインイベント、耐震診断結果の発表です!

無料なのに、ここまで?!とびっくりするくらい、ものすごくしっかりとしたレポートがやってきました。

我が家はもう契約を済ませていますが、実はこの無料診断、現地調査と見積を依頼するだけでやってもらえるのだそうです。フレッシュハウスさん、太っ腹!

フレッシュハウスの耐震診断書

こんな感じで、耐震診断書は全15ページ、補強提案書も全15ページあります。

どれどれ、我が家の総合評価は、震度6くらいだと1階は倒壊する可能性アリ……ですって

2階は「一応倒壊しない」とのことだけど、1階がちょっと心配。補強提案書の説明もしっかり聞かなきゃ

フレッシュハウスの耐震診断書 フレッシュハウスの耐震診断書

フレッシュハウスの耐震診断書←いろいろ計測したり計算したりした結果がびっしり

今回も、建築士さんが、しっかり説明してくれました。

「昭和56年に耐震基準が大きく変わりました。大きくというのは、壁の量が1.4倍必要になり・・・」

約30分の熱弁の後、「安全に関わることなので、提案書に基づく耐震補強工事をおすすめいたしますが、ご予算のこともありますので、じっくり考えてご判断ください。」とのことでした。

無料でこんなに細かく診断してくれて、補強プランまで作ってくれるなんてすごいよねと、夫婦で感心した後、「0.84」は、必要な強度である「1.00」にかなり近い値だと自分たちに言い聞かせ、「お金をせっせと貯めて、また、ご連絡いたします。」と返事をして、とりあえず、このレポートは閉じました

ちなみに、昭和56年以前の建物だったら、国の耐震補強補助金が出るらしいです。微妙な残念感…。

 

このまま、フレッシュハウスでリフォーム工事編へ突入です!